梅雨の宮崎で想う、活動の原点とこれからの野望