波と津波のちがい

海には、「津波」と「普通の波」があるのはご存知ですか?

普通の波(波浪)

・海域で吹いている風によって、海の表面だけが上がったり、下がったりする
・1つの波は数メートル〜数百メートル

津波

・地震などの海底の上下運動によって海面全体が動く
・1つの波が数キロ〜数百キロと大きい

津波のスピード

津波は、水深が深いところほどスピードがはやく、水深5000mのところでは、 時速800kmもあります。これは、ジェット機とおなじくらいのスピード。
陸地に近づくとスピードは落ちますが、それでもオリンピックの100mの選手と 同じくらいのスピードがあります。

なので、津波のおそれがあるときは、とにかく「逃げる」ことが大切です。 「自分は大丈夫」という考えは払拭しましょう。また、海水浴やマリンスポーツを しているときに浜で「オレンジフラッグ」が掲げられていたら、それは「避難して」 という合図。早く陸に戻り、津波避難ビルなどの高くて安全な場所に逃げましょう。